まんこの臭いの原因と今すぐ出来る臭い対策

デリケートゾーンは人と比べる事が出来にくい場所ですので、気になりだしたら悩みは尽きません。なぜデリケートゾーンが臭うのか、という事をしっかりと知る事で自分にあったケアの方法を見つけていきましょう。

まんこの臭いの原因

osjboh

①膣内に雑菌が繁殖している

人の体には雑菌が必ずいます。デリケートゾーンはその雑菌が繁殖して臭いの元となる老廃物を出しやすい場所なのです。温度が高くずっと湿り気を帯びている場所である事や「おりもの」「月経」「汗」「尿」「垢」など栄養になるものがたくさんあるのですから、そのケアをしていかなければいけません。温度と湿度を変えることは難しいので、いかに栄養になるものを減らせるかどうか、ということを考えましょう。

②婦人科系の病気かもしれない

おりものの量が急激に増えたり、臭いがきつくなったら要注意です。その場合はおりものの色の注意しておきましょう。一番多く現れる病気は「カンジダ膣炎」です。これはかゆみの症状も出てくることがあるので発覚しやすい病気です。もともと常に膣内にいる菌ですが膣内の善玉菌が減ったり弱くなると活動的になり異常繁殖することで症状が悪化します。体調を崩したり、妊娠中にも起こりますが、一番の原因は膣内を過剰に洗う事で菌のバランスが崩れてしまうところにあるといえるでしょう。

③清潔していない

これは①の状態を悪化させるためにどんどん臭いがきつくなるのですが、洗いすぎると②の状態になるので非常に難しいことなのです。月経やその前後のおりものが多くなる時はゴシゴシ洗うのでなく、シャワーやウォシュレットなどで流してよく乾かすだけでも効果があります

膣内に細菌が発生してしまったりすると、善玉菌のバランスが崩れ魚のような生臭い臭いが発生します。

引用 まんこ臭い

④ニオイの強い食事を食べる

量にもよりますが、ニオイや刺激のつよいニンニクなどの食材は体臭をきつくしてしまうのでデリケートゾーンにも影響があります。汗をかく事でその臭いが出やすく、デリケートゾーンはさらに臭いがこもりやすくいつも湿気を帯びているのでますますきつくなるのです。

まんこの臭い対策

iieow

・丁寧に洗う

デリケートな場所なので強く洗いすぎると菌のバランスが崩れたり傷がついてしまいます。たっぷりの泡と指の腹の部分を使ってなるべく優しく洗ってあげましょう。汚れがたまりやすい溝の部分は特に丁寧に洗いましょう。

・おりものシートやナプキンはこまめに変える

蒸れてしまうとその刺激で臭いを発したり、細菌の繁殖を強めてしまいます。多種多様な商品が販売されているので使い勝手をよく考えて自分に合うものを使いましょう。

・通気性を良くする

ショーツやタイツなどは通気性を良くして蒸れるのを防ぎましょう。

・生活習慣に注意する

タバコやアルコール、刺激の強い食材を控える事で臭いを減らしていくことができます。

これらのようにどうして臭っているのか、という原因を探らないことにはケアしていくことはできませんね。自分の生活や習慣を見直して納得のできるケアをしていきましょう。特に病気の関係ならば、なるべく早く治療をおすすめしますので、どうしても気になるようでしたら、産婦人科へ一度足を運んでみるのも良いですね。

Continue Reading

デリケートゾーンの臭いを改善する為の5ポイント

デリケートゾーンの臭いに関するお悩みを改善する為の方法をまとめました。

女性のデリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンの臭いを改善する為の5ポイント

  1. 陰部を清潔に保つ
  2. 陰毛の処理をする
  3. デオドラント製品を使う
  4. 食事で改善する
  5. ストレスをためない
  6. 手術をする

1、陰部を清潔に保つ
臭いの原因は雑菌の増殖もあるので、雑菌の繁殖を防ぐ為にも陰部は清潔に保つ必要があります。特に、生理期や汗をかいた時はこまめにウェットティッシュなどで拭く様にしましょう。

ただし、ゴシゴシと擦りすぎてはダメです。皮膚が傷つきてしまうとそれが臭いの原因になってしまい逆効果です。拭く時は優しく拭きましょう。

2、陰毛の処理をする

陰毛の皮膚下にはデリケートゾーンの臭いの原因となるアポクリン汗腺があります。そこから分泌される液が皮脂や汗に混じって臭いを発するのです。

陰毛部分にはその分泌液を含む汗が溜まり易いので、臭いが強くなる原因にもなります。少し抵抗はあるかもしれませんが、陰毛を処理する事で汗が溜まるのを防ぎ、臭いの改善に繋がると言われています。

すべて処理するのはちょっと、という方も毛先を短くカットしたりアンダーヘアの形を整えるだけでも、効果が期待出来ます。

3、デオドラント製品を使う

ワキガと同じで、陰部にデオドラント製品を使って臭いを改善する方法もあります。有名なのは、デリケートゾーン専用の石鹸です。十分に泡立て肌を傷つけない様に優しく洗います。すると使用しているうちに臭いが改善されていくという代物です。

その他にも、下着の上から付けることが出来るスプレータイプ(制汗剤と似ています)の製品や陰部に直接付けるジェルやクリームタイプの製品もあります。

4、食事で改善する

デリケートゾーンの臭いは食べ物によって酷くなってしまう場合もあります。特に動物性タンパク質が多い食品(肉や卵など)が中心の食生活を続けていると臭いが強くなると言われています。改善策としては、食事に魚や野菜を多く取り入れる事が挙げられます。

5、ストレスをためない

ストレスで臭いが酷くなる事もあります。周りに気付かれていたらどうしよう、という不安や恐怖感によって余計な汗をかいてしまい、それが臭いに繋がってしまうのです。

ストレスが溜まった状態が長く続くと慢性的なデリケートゾーンの臭いになってしまう恐れもあるので注意しなければなりません。難しいかもしれませんが、気持ちを楽にする事が改善に繋がるのです。

6、手術をする
ワキガと同じでデリケートゾーン(すそわきがの場合)も手術によって改善されます。アポクリン汗腺を除去する事で臭いを消す事が出来ると言われています。
しかし、手術は費用も高いですし術法によっては跡が残ったり再発の危険性もあるので、これは最終手段と考えた法が良いでしょう。もし手術をする場合は、腕のいい医者と適切な病院選びが重要になります。慎重に行いましょう。

Continue Reading

デリケートゾーンの臭いの原因は何?オリモノと雑菌の関係

体臭は単に本人が気になるだけでなく、最近ではスメルハラスメントという言葉があるくらい注目されやすい問題になっています。そんなこともあって、気にしている人も多いでしょう。特にデリケートゾーンのにおいは髪やワキ、足などに比べるとどう対策したらよいのかわかりづらい面もあります。そこで、デリケートゾーンに特化したにおい対策を見ていくことにします。

デリケートゾーンの臭いの原因は何?

まず、においの原因はなんなのかという問題です。これは身体全身について言うことができますが、いちばん大きな原因は汚れです。つまり、ある程度きちんと清潔にしていればにおいの原因になる雑菌の繁殖は抑えられます。それを鑑みるとデリケートゾーンについても清潔を心がけることが大切だと言えるでしょう。

デリケートゾーンは過剰に洗いすぎるのは禁止

ただ、清潔にしようとして過剰に洗うことも避けた方がよいです。もともと部分的にデリケートゾーンは皮膚としては粘膜に相当しますから、過剰に洗浄すると逆に分泌物が多くなりそれがにおいの原因にもなります。それを避けるためには、洗浄力の強い一般的なボディーソープを使用するよりは、デリケートゾーン専用のものを使うことをおすすめします。ボディーソープと同じようなものもありますし石鹸状のものもありますが、1,000円程度で手に入るのでお手軽に使うことができます。

d-soop

オリモノは雑菌の好物!注意が必要

また、おりものには雑菌が繁殖しやすいので、おりものシートを使用しこまめに取り換えるのもよいです。これだけでかなり雑菌の繁殖は抑えられます。生理前など、おりもの自体のにおいがきつくなってしまう人は特に有効な方法です。生理時には月経血のにおいが気になりますが、これも消臭効果のある生理用品などを使用しながら、こまめに取り換えることでかなりにおいをおさえることができます。

また、デリケートゾーンであっても全身の皮膚と同じように汗をかくことを忘れてはいけません。汗をかくこと自体はまったく生理的なものですから問題ありませんが、髪やワキと同様、においの原因になることにはちがいありません。女性の場合、ショーツの上にストッキングやガードル、保温下着などを着ける人も多いですが、なるべく蒸れない素材のものを身に着けることをおすすめします。また、ストッキングはガーターストッキングにしてその分蒸れないように工夫するのもいいでしょう。

それでもどうしても体調などの理由でにおいが気になるときには化粧水を使う方法もあります。おすすめの化粧水は明色の美顔水と小林製薬のオードムーゲです。美顔水は本来ニキビ予防の化粧水なのですが、肌を清潔に保つことができます。美顔水をコットンにしみこませてデリケートゾーンを優しくふきとるようにします。

小林製薬のオードムーゲ

そのときはVIOラインに沿ってふき取ります。オードムーゲを使う際も同様にします。オードムーゲの方が刺激は少ないです。ふき取るだけでかなりさっぱりしますし、汚れも取れます。ただし、顔用の化粧水ですのでかならずパッチテストをしてください。

内股などに少量塗って数時間おいてもなんともなければ問題ありません。市販の小さいボトルに化粧水を詰め替えて化粧ポーチにコットンといっしょに入れておけば職場や外出先のトイレでも邪魔になりません。

Continue Reading

生理前になる時になるデリケートゾーンの臭いについて

普段はよいのですが生理前になると急におりものが激しくなり、それと同時にデリケートゾーンの臭いが気になるようになります。

生理前におりものがあるのはそれほど変ではないようなのですが、私の場合は極端に汗かきなので、その臭気がきになって普段の生活にまで支障をきたすようになります。

  • ベタベタして気持ちが悪い
  • 臭いがきになる

一つはベタベタして気持ちが悪いということと、もう一つは臭いが気になってもしかしてまわりに臭いがしているのではないかという精神的な不安感も増してきていました。

デリケートゾーン専用の石けんと黒ずみローション

デリケートゾーン石けん

誰にも相談できず一人で悩んでいたのですが、そんな時、某美容サイトでみつけたデリケートゾーン専用の石けんです。特にこの石けんは、雑菌の繁殖を防ぐのでデリケートゾーンの清潔感も保てるのがよいところです。私はほぼ毎日使っていますが、とても使い心地が良くて肌にも優しい柔らかな洗い心地が気に入っています。これで大分よくなりました。

それからもう一つそれと合わせて利用したのが、黒ずみ対策のローションです。匂いと直接関係ないかもしれませんが、おりものが増えて菌が増殖すると不潔になり、少し黒ずみがあるように感じていたので、ローションを使ってスキンケアを始めました。

これで夏は水着などになっても心配いらなさそうです。黒ずみは悪臭にもつながるので臭い防止にもよいと思います。以前は少し痒みがあったのですが、これを使い始めてから肌が滑らかになって、肌の痒みも感じなくなりました。特に梅雨や夏場の生理中は汗をかくからなのか、肌がヒリヒリするときもありましたがそれもなくなりました。

腸内環境を整えるサプリもおすすめ

デリケートゾーンサプリ

そして最近、特に雑誌をみて始めたのがサプリメントです。実は妊活をしていて、妊娠中の膣の調子をあげるためのサプリメントがデリケートゾーンのニオイ対策にもなるようです。

デリケートクリーンという商品なのですが、最初は特に臭い対策のつもりではなかったのですが、デリケートゾーンを内側からサポート!と書いてあり、読んでみるとおりもの対策にも良いようです。予期せぬデリケートゾーンの臭い対策でしたが、これも一つだと思います。

こちらは膣内環境を清潔にし、清潔な頸管粘膜を分泌する効果があるそうなので、おりものの臭いが抑えられます。それから妊活商品なので、乳酸菌、ケイ素、DHA、大豆レシチン、ビタミン類など美容にも良い成分がたくさん含まれているのでデリケートゾーンのお肌の対策にもなると思います。もちろん健康や美容面にも良い効果が期待できる成分なので、ダブル効果がありとてもオススメです。

いくつかの方法で私はデリケートゾーンの臭い対策をしているせいか、今年の梅雨~夏のシーズンは比較的臭いを感じずにすごしています。

Continue Reading

デリケートゾーンが臭ってしまう前に知っておきたいポイント

女性なら一度はデリケートゾーンの臭いに悩んだ事があるのではないでしょうか。

まず考えられるのは、雑菌の繁殖などによっての臭いが原因かと思われます。女性の体は、雑菌などが体内に入ってこないように防御反応として、特に生理前後などのおりものによって守られていると思います。

なので、どうしてもデリケートゾーンに臭いが出てしまうのです。その臭いは体が守られている証拠なのです。

ohuodsuh

また、生理中などは特に臭いがきつく、酷い時は周りの目を気にするようになってしまう場合もあるかもしれません。その時の対策としては、やはりナプキンなどをこまめに変える事が一番大切になります。

しかし、中には他の原因で臭いを放っている場合がある事に注意をしなければなりません。それは、中にばい菌が入ってしまい炎症などを起こしている可能性があるからです。そんな時は臭いの他に、異常におりものが多かったり、痒みやおりものの状態がいつもと違うなど、自分の目で見て確かめてみる必要があります。そして、できるだけ早いうちにお医者さんで診てもらいましょう。

デリケートゾーンが臭ってしまう前

osdho

まず、デリケートゾーンが臭ってしまう前に、常日頃からショーツを清潔に保つことが重要かと思われます。おりものが気になる場合は市販のおりものシートなどを利用するのも良いでしょう。無香料のコットン100%の通気性の良いものから、アロマの香り付きのシートなどたくさん種類があり、癒しの効果とその時の気分によって変えてみたりするのも良いのではないでしょうか。

また、その他に用をたした後の拭き方などにも気をつけなければなりません。かと言って、最近ではトイレで洗浄できる機能がついていますが、洗い過ぎも逆効果になる事があるようなので注意が必要です。

それだけ、女性の体はデリケートなのですね。すでに臭いが出て気になる時の対策として、市販のデリケートゾーン専用のソープなどを使用してみてはいかがでしょうか。

また、最近ではデリケートゾーンを拭く専用のシートなども販売されています。特に、生理中などに利用すると爽快感があります。生理後の臭いが気になる場合などは、自分で手軽に洗浄できる薬用の洗浄液もおすすめです。デリケートゾーンでの悩みはとてもブルーになりますが、女性にとっては大事な体の一部なので、労わりながら、清潔に、健康に毎日をハッピーに過ごしたいですね。

Continue Reading